組み合わせも無限大

印鑑イメージ

印鑑は、オリジナルのものをつくれば、たくさんの文字数を入れたり、大きなものをつくったりもできます。
たとえば、会社の名前と住所、電話番号が入ったようなものがありますよね。
あれらは、特注品ではんこやさんに作ってもらうわけです。

このように、いくつかの文字を組み合わせてオリジナルのものをつくることができるのならば、文字以外のものを組み合わせたらオシャレで楽しい印鑑が出来上がるかもしれません。

たとえば、花の模様や、キャラクターなどを数種類くみあわせて、オリジナルのスタンプを作るといった感じです。
これらをひとつの印鑑にしてしまうと、毎回同じデザインになってしまうので、ここではあえてひとつにしないのです。

使うたびに、組み合わせが変えられるように、各パーツが外れるようになっていて、組み合わせて毎回楽しめるようにすることができれば、使う人によって、いろいろなデザインの印鑑がつくれます。

パーツごと購入するので、ひとつあたりの単価は安上がりになりますしね。
組み合わせも無限大なので、オリジナル感も非常に高くなることでしょう。

住所や電話番号を入れた印鑑だと、もしそれらが変わったら、印鑑が使えなくなってしまいますからね。
パーツごと切り離せるのならば、すぐに変えられるのでとてもラクチンになるはずです。

もしかしたらこのようなタイプも実用化されているかもしれませんが、デザイン性を重視した組み合わせのものはまだそれほどないのではないでしょうか。
これが若い女性達の間で流行れば、印鑑の新たな可能性がでてくるかもしれません。

ページの先頭へ