こだわり文字を使ってみる

イメージ画像

最近は、印鑑にもこだわりを持っているようなものをたまに見かけることがあります。
この文字なんて読むんだろう? とか、なんだかとってもオシャレな印だな! といった感じですね。

日本人にとって、印鑑やはんこの歴史は長いですし、それほど昔は、こだわったものを使うという考え方はなかったと思います。 ですが、最近ではいろいろなものにデザインを重視するような考え方がでてきていますし、印鑑をつくる技術も進歩していますから、いろいろなデザインのものがつくれるようになりました。
そうなってくると、オリジナルのこだわりの一品を作りたいと思う人も多いのかもしれません。

印鑑に使われる文字というと、篆書体や隷書体といった日本語に相応しいような書体が使われることが多いものですが、これからは、デザインを重視して、いろいろな書体を使った印鑑がでてきても面白いんじゃないかなと思います。
実際に、そういうものを作って、使っている人もいますが全体的な割合から見ればまだまだすくないですからね。

いろいろな書体を使えば、さらにオリジナル感もアップしますから、それを会社の印鑑で使えば、目に付きやすく、他の取引先が興味を持ってくれるようなこともあるかもしれませんしね。
会社のロゴに使われている書体を印鑑にすれば、わかりやすいことでしょう。

最近は少し印鑑の需要も減ってきている気がしますが、それでもいろいろな可能性を秘めている業界ではないかと思います。
是非頑張って、今後もいろいろな印鑑を世に送り出して欲しいですね。

夫婦円満のための印鑑選び
http://www.handdata.com/
印鑑や法人印から考える、印鑑雑学
http://www.allo-annuaire.net/

このページの先頭へ